韓国で滞在する上で重要なビザ。学生ビザやワーキングホリデービザはともかく、就業ができるビザというのは、なかなか取りにくいもんなんです。韓国ソウル在住のOLとしてビザの体験などについても書ける範囲で少しだけ紹介したいと思います。

※ビザの制度は常に変わります。2~3か月前に出入国管理局に確認したのに、しばらくしたら基準がまた異なっている!なんてこともザラにあります。ここには体験した情報をのせますので、最新情報はご確認をお願いいたします

ビザに関しては慎重に書きたいので、前書きはいつも同じです(笑)今回は、ついに総合評価から合格までのことを書きたいと思います^^


life in korea_20131229_1

アンニョンハセヨ♪韓国ソウル在住のOL生活の様子をブログに書いているトジョン(@tojyon)です^^

社会統合プログラムについて何度か書いてきましたがついに合格までの完結編を書きます^^

5段階が終わった時点で総合評価の試験を受けなければならない

決められた授業時間をすべてこなしたら、今度は総合評価を受けなければなりません。しかも、年に数回しか行われないので、授業をすべて受講し終わったあと、一番直近で行われる試験を基本的にうけるのですが、私の場合は8月上旬に受講が終了したのに、総合評価試験が11月の下旬まで無かったので、その間なにもできず^^;しかも勉強したことが試験に出るのに、時間がたつにつれ忘れちゃって、先生が準備してくれた補修を受けたり、試験前はちょっと復習したりしました^^しかも試験は自分から決められた期間にネットで出願しないと受けられないので注意!

試験は、筆記&口述

総合評価は、筆記でマークシートと作文です。授業で習った内容が出ます^^マークシートはそれなりに時間があるのですが、作文が過酷(笑)200文字を5分で書かなくてはいけないのですが、テーマを与えられて、文の内容を考えて、ハングルで200文字を手書きで書くのは意外と大変なんです^^;ほとんど書けなかった人も多かったようで。私はすんごい汚い字で書きあげました^^;

口述も、授業で習った内容から出るので、そこまでひどく難しいことはありませんでした。試験会場で、一緒に受講した仲間にあえてよかったです^^

約1週間後に合格確認。合格証も発行される。

出願や受講申請をしたネットのページで、合格発表がされます!そして、そのサイトから履修証を印刷できるので、ビザの申請などをする場合はその履修証をコピーして持っていけば大丈夫です。

また上の写真にも載せましたが、数日後に韓国移民帰化適格試験合格証ももらえます^^これは郵送ではないので、韓国教育大学に自分からとりにいくか、クイックサービスで受け取りましょう。もらわなくてもとくに影響はないそうですが、やっぱり苦労して取得したのでもらったほうがいいと思いますよ^^

これで社会統合プログラムは終わりです。ビザの取得や永住権、国籍の取得に訳にたつので、気になる方はぜひチェックを~♪

【関連記事】
ビザが取りやすくなる!社会統合プログラムとは?
ビザが取りやすくなる!社会統合プログラム体験記「申請」
ビザが取りやすくなる!社会統合プログラム体験記「事前評価から履修登録」
ビザが取りやすくなる!社会統合プログラム体験記「受講」
ビザが取りやすくなる!社会統合プログラム体験記「総合評価から合格まで」


ブログのランキングに参加中です^^
クリックしていただけるとランキングがアップするので助かります↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村