アンニョンハセヨ♪韓国ソウル在住のOL生活の様子をブログに書いているトジョン(@tojyon)です^^

※韓国以外にも、実は映画(特に邦画)が大好きでして、昔から映画は生活に欠かせません。そこで、ブログでは今まで見た映画を紹介していきたいと思います。評論はできませんし、ネタばれはなるべくしたくないので、簡単な紹介ですけどね^^

青天の霹靂_ポスター_A

■タイトル

『青天の霹靂』

■あらすじ

場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。ある日、彼は10年以上も関係を絶っていた父親・正太郎(劇団ひとり)がホームレスになった果てに死んだのを知る。父が住んでいたダンボールハウスを訪れ、惨めな日々を生きる自分との姿を重ね合わせて涙する晴夫。すると、突如として青空を割って光る稲妻が彼を直撃する。目を覚ますや、40年前にタイムスリップしたことにがくぜんとする晴夫。さまよった果てに足を踏み入れた浅草ホールで、マジシャンだった父と助手を務める母(柴咲コウ)と出会い……。(引用:Yahoo!映画

■予告編

劇団ひとりの小説『陰日向に咲く』に次ぐ2作目の小説が映画化されたもの。『陰日向に咲く』は本で読んだことがあったのですが、晴天の霹靂は映画で見ました。劇団ひとりが結構ワイルドに見えました^^冒頭の大泉洋演じる轟晴夫の惨めな姿が、心が痛くなるくらい重くきます。

[DVD] 青天の霹靂 通常版 DVD

価格:3,222円
(2016/3/13 22:41時点)


ブログのランキングに参加中です^^
クリックしていただけるとランキングがアップするので助かります↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村