今年のお盆休みはいろいろとやることがあったので、韓国で過ごしました~!今は渋滞の中の方も多いのでは?無理せず休憩をはさんで帰宅してくださいね~^^で、またブログをさぼっていたので、続きを書きたいと思います(笑)

韓国で引越し~ワンルームからワンルームへ編~
①退去について
②新居探し
③引っ越しやさんはどこに頼む?

引越しが決まったら一番大変とも言えるのが荷造りですよね汗

韓国では荷造りまでしてくれる引越しサービスをポジャンイサ(包装引越し)というのですが、荷物を自分で整理しながら片付けたかった(任せると雑な業者もあるとか)のと、節約のために自分で荷造りすることに決定。

そこで困ったのが入れる箱がないこと。近所の大型スーパーのダンボール置き場と家を何度も往復して大量のダンボールをGETしたのですが、韓国ではそうはしないと後で韓国人に言われたんだですけどね(笑)

引越し屋さんはどうする?

さらに荷造りした荷物を誰に運んでもらうか問題。引っ越してきた時はほぼ持ち物がなかったので大型タクシーや友人の車で足りたのですが、今は家具もある。そこでサイトで見つけた大手引越し業者や不動産からもらった引越し屋さんの名刺の連絡先に電話したのですが、これが引越しシーズンだったのか思うように行かず。

①1箇所目
大手サイトで受付してくれますが、結局は個人業者みたいな引越し屋のおじさんと連絡をとることになる。私の希望は、荷造りは自分でするので、部屋からトラックへの運搬、トラックでの移動、トラックから新居の部屋への運搬だったのですが、まず転居先が3階なのにエレベーターないのではしご車が必要とのこと。

でも、はしご車を使うと急に5万円近い見積もりになるというのです。高層アパートでもないので、それはもったいない。引越し業者はどこに頼んでも結局3階以上ははしご車を使うそうで、そのはしご車の利用だけで2万円はかかるので、運搬とか含めて高くなるみたいです。とりあえず保留にしたのですが、後に気になることがあってメールをしても返信がなかったのでここはやめました。

②2箇所目
ここは不動産屋さんにもらった名刺をあてに連絡しました。連絡すると、私の希望の方法でできるけど、部屋訪問で見積もりするタイプとのこと(荷物の量とかによるので訪問して見積もりの業者も多いです)。訪問の日を調整して連絡をくれるとの事ですが、なかな連絡がないのでこっちから連絡しても常に後回し。

ついには私からまだかと連絡したら、そんなサービスないと言われました(笑)思うに、同じ引越し時間をかけるなら、夫婦とか家族で住んでる家の方が1回の引っ越しで10万円くらい稼げるのに、私のは荷物が少なくて稼げないのでそうなったのはないかと。できるって言ったじゃないですか!と一言文句を言って電話を切りました(笑)

③3箇所目
結局どこに電話しても希望するサービスはなく(ワンルーム用の引越しに頼むとできるそうんですがワンルームが少ない地域だからかそれもうまく見つからず)、荷物を家の外まで出すのは自分でやって、「車に載せるのと運搬、新居の建物の前で荷降ろししてくれるのみ」という、ヨンダルというサービスにすることに。大手に連絡し、担当のお兄さんに連絡してくれました。
契約書も発行してくれたし安心♪

これだと引っ越し地域が近かったこともあり、日本円で5千円で終了~!ちなみに荷物は重いので、自分の知り合いに運搬を手伝ってもらいました。私の手伝いが来ているからか、引っ越し担当のお兄さんはスマホをけっこう見てちょっとさぼっていましたが(笑)、とくにトラブルのない方だったので満足~!荷物を丁寧に積み上げて運んでくれたので良かったです^^

 


<トジョンのライター担当サイト>
韓国旅行情報 より旅KOREA [Produced by ロッテ免税店]
海外旅行情報 エイビーロード
旅行比較サイト【トラベルコ】


ブログのランキングに参加中です^^
クリックしていただけるとランキングがアップするので助かります↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村