前回、韓国では出生前診断が一般的であり、12週目に行う検査について書きました。今日は、2次検査について書きたいと思います。

・ツイッター→@tojyon
・インスタグラム→tojyon
・ユーチューブ→韓国でお仕事
・フェイスブックページ→韓国をゆく

産前奇形統合検査③二次血液検査

前回と同様、母親の血液を採取して1次検査の結果と2次検査の結果を両方見て、数日後にムンチャで結果がきます。いつも検査したあと、結果が来るまで楽観的なタイプですが、この検査の結果がくるまではやはり緊張しました。

ちなみに出生前診断の血液検査は2種類から選べる!

出生前診断をする際、病院から説明されたのが、2種類の検査があるので選んでほしいということ。

一つは「Integrated Test」で、もう一つは「The mom scanning」というものでした。ダウン症の可能性を出生前に確認できるものなのですが、「Integrated Test」は93%の判定能力があり、「The mom scanning」は99%の判定能力あるとのこと!病院としては出産予定日が高齢出産とされる35歳の誕生日目前ということもあり、「The mom scanning」の方を進めてきたのですが、ここで確認したのは以下!

☆検査料:なんと「Integrated Test」は6万ウォンくらいだったのですが、「The mom scanning」は60万ウォンとのこと!

☆どちらも血液検査なのか:血液検査で終わるということ。どうして聞いたかというと、羊水検査にはデメリットもあると聞いて、そこまでするかは心が決まってなかったから。相談すると、例えば「The mom scanning」をやって、問題がある可能性があったときに、追加で羊水検査など精密検査にまた進めばいいのでは?ということでした。

で、結局ちょっと夫と相談&夫の友人も同じ病院なので相談し、「Integrated Test」は6万ウォンでも93%で高い診断能力があるから、そっちにしようとなりました。もしそれで、結果が不安だったら、そのとき「The mom scanning」をやるなりしようと。検査料があまりにも差があるもんで安い方にしました^^:


<トジョンのライター担当サイト>
海外旅行情報 エイビーロード
旅行比較サイト【トラベルコ】


ブログのランキングに参加中
クリックしていただけるとランキングがアップするので助かります↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村